RedHatLinux 9


はじめに

はじめて、Linuxを導入したのは、いつだったろう。ずいぶん古い話で忘れてしまった。 Laser5の Slackware+JE4だったので、1995年ごろだったようなきがする。

それまで、Sony NeWSや、SUN SPARKを使っていたが、PC UNIXの台頭で、UNIX WorkStationは、安い機種がなくなってしまったし、OSのSource Codeに触れるのも興味があり、FreeBSDとLinuxを並べて使っていた。

NewsOSが、最初のUNIXなので、BSD系になるほうが自然なような気もするが、確固たる理由もなく、主にLinuxを使うようになった。

Laser5がRPMを導入すると、本家のRedHatとLaser5を行ったり来たりするようになったが、現在は、Red Hat Linux 9を使っている。Red Hat Linux 8は、原因不明のエラーがでてInstall不能だったので、Mainマシンは、Laser5 6.4から、RHL9に一気に置き換えることになった。


使ってみて

Script

今まで使っていたscriptが、動かなくなってしまったものが結構あった。最初は、かなりあせったが、scriptの最初の行に、

#! /bin/sh

が、書いてないのが原因で、これを書き加えれば問題ないことがわかりほっとした。以前は「#! hoge」がなければ、「#! /bin/sh」が、暗黙のうちに実行されていた。

TeX / LaTeX

日本語版じゃなくなってしまったので、これも結構びっくりしたが、pTeXを使えばなんでもないことがすぐわかった。

Errno

MH-jpなどをコンパイルしようとして、エラーが山のように出たのは、やはりかなりびびった。

extern int errno;

と書いてあるものは全部引っかかる。

単にこれを

#include <errno.h>

にすれば、大抵とおることがわかり、これも解決した。


この3問題が片付かなかったら、多分RHL9移行計画は、中止になったと思う。


RHN

導入するまで、気付いていなかったのだが、RHL9にして、最も良かったのは、Red Hat Networkに登録し、up2dateが使えるようになったことだ。 RHL7から、始まっていたらしいが、私はRHL7, RHL8をつかってなかったので知らなかった。

WindowsにはWindows Updateがあり、そのマシンにインストールされているものや、新たにリリースされた機能をInstallすることができる。

PC Unixではこの作業をCERTなどの情報を元に、パッケージを入れ替えたり、自分でコンパイルしてInstallする必要があった。

しかし、RHL9をeverythingでInstallした場合のパッケージは、1500近い。

これらをWatchし、updateするのは、セキュリティを保持するための最小限度に限定しても、多大な労力が必要だ。

RHNのup2dateは、これを自動化してくれる。とりあえず登録すれば、60日間Demoアカウントが与えられ、無償で試してみることができる。新情報が入ると、メールが送られてくるのでrootになり、

# up2date --install --update

と入力するだけで、RedHatが正規にrpmで管理しているパッケージは、最新版になる。ただし、Demo版は、1 システムしか利用できないし、サーバーが込み合っていると、正規に契約したものが優先的に繋がるようになっているため、connect出来ずにエラーとなる。

1週間ほど使ってみたが、special summer prices で、August 03, 2003までBasic Entitlement 1 system $60/year, 2 systems $84/yearなっていたので、2 systems 購入した。

まあ、何がどう更新されたのか、記録が残るので、1 systemだけ購入して、後は自分でやると言う手もないわけじゃないが、手間に比べて、$(60+24)/yearの価値は十分あると思った。


rpmbuild

rpmが、rpm-4.2-0.69になり、-b* optionが、全部蹴られてしまう。これも結構あせった。

rpmは、主としてinstall用になり、rpmパッケージを製作するコマンドは、rpmbuildになったのだった。

早速使って、xdigfilのrpmを作ってみた。以前のrpmの -b* optionとほとんど同じである。


ftpd

以前は、wu-ftpdだったが、Kerberos 5で認証をする、gssftpに変わっている。

Kerberos 5は、使ったことはないし設定法が良くわからない。

もちろん、勉強すればよいのだが、ftpdはすぐ使いたいので、迷った末、wu-ftpdのSRPMをとってきて、buildしてinstallした。ところが、wu-ftpd 2.5.0〜2.6.2にセキュリティホールが発見された。

rpm管理下になっていても、RHL9にwu-ftpdはないため、RHNのup2dateは効かないし、レポートも送られてこない。やはり、up2dateを使う以上、標準でサポートしているものを使うべきだった。

でも、できれば選択できるようにしてほしかった。


up2date

2003/08/30 up2date 自体にbugがあるので、手動でupdateするようにする旨のメールが届いた。

rpm -Fvh up2date-2.8.40-3.7.3.i386.rpm up2date-gnome-2.8.40-3.7.3.i386.rpm rhn_register-2.8.27-1.7.3.i386.rpm rhn_register-gnome-2.8.27-1.7.3.i386.rpm

up2date-gnome-2.8.40-3.7.3.i386.rpm rhn_register-2.8.27-1.7.3.i386.rpm rhn_register-gnome-2.8.27-1.7.3.i386.rpm

を実行せよとのことなのだが、ファイル名も違っているし、-Fvhをつけているのに、エラーでけられる。

を取ってきて、一旦各モジュールを削除して、その後installした。


Copyright (c) 2003